南仏生活のいろいろ


by atelier-cypres
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

イエス・キリスト誕生!

現在ノエル(クリスマス)をイエスの誕生日としているが、実際のところ新訳聖書にはキリストの誕生がこの日であったことを裏付ける記述はないのである(マタイ2章にユダヤのベツレヘムでのイエスの誕生にヘロデ王が動揺し、イエスをなんとか亡き者にしようとすることなどが書かれている。その他にはルカ2章に割合詳しい記述がある)。もともとこの日はキリスト教以前の宗教で、冬至にいたる時期であることから行われていた太陽信仰の祝いに由来があると思われる。

e0108019_64783.jpg


当時カエサル・アウグストゥス帝の統治下、ヨセフとマリアは戸籍の登録をするためにユダヤのベツレヘムへ向かう途中、マリアが産気づき出産するのだが、その夜の泊まり部屋に二人用の部屋の空きがなかった。その為家畜小屋の中、生まれた赤子は飼い葉おけの中に布で包んで置かれてたのである。

夜間、羊の群れを番していた羊飼いたちに天使が現れ、救い主・キリストの誕生をしらせた。

羊飼い達は実際にその目で見ようと、イエスの下を訪れる。見ると天使が告げたように、飼い葉おけの中に布で包まれた赤子が横たわっていた。
[PR]
by atelier-cypres | 2008-12-26 06:18 | フランスの風景・文化