人気ブログランキング |

南仏生活のいろいろ


by atelier-cypres
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:おうちごはん( 21 )

5月~6月 旬の野菜

そろそろ時期は終わりになりますが、今年もアスパラガス沢山食べました。元々グリーンアスパラガスの方が好きでしたが、今年はホワイトアスパラガスを良く食べました。この時期に出回る他の山菜などと同様にアクや粘りがあります。それが体に良いような気がして。

ホワイトアスパラは周りの皮が硬いので、茹でた後、2/3位はピーラーで皮を剥きます。この作業が面倒で敬遠していましたが、5月にリュベロン地方にある農家(兼民宿)が経営するレストランで採れたてのホワイトアスパラガスを食べて、そのトロケるような触感が病みつきになりました。やはり新鮮さが命ですね。

e0108019_537446.jpg

by atelier-cypres | 2011-06-16 05:37 | おうちごはん

ノエル前夜

11月末からずっと風邪で寝こんで過ごした12月。

ノエルに向けて少しは回復。

声が1週間出なかったのが辛かった。1ヶ月たった今も声がれが続いている・・。

長引く薬治療で胃も荒れる。軽めの食事にしたかったので、今年のノエル前夜の食事は簡単に。

ホタテの前菜
e0108019_720213.jpg


ロブスターを縦割りにして、にんにくとマヨネーズと生クリームのソースを乗せてグリル
美味しかった!
e0108019_7214961.jpg

by atelier-cypres | 2011-01-03 07:23 | おうちごはん

食欲の秋なり

先週~今週にかけて市やスーパーで栗・柿・かぼちゃ各種・みかん・・・が見受けられるようになってきた。

う~ん。食欲そそられる。

この秋始めての栗ご飯とかぼちゃのポタージュ。

e0108019_18322892.jpg


市で手に入れた鯖はしめ鯖に。脂がのっていて美味。

残りの栗は渋皮煮にした。

e0108019_1563548.jpg


かぼちゃはPotimarron(ポチ・マロン)別称栗かぼちゃまたは北海道かぼちゃとも。

フランスで入手できるかぼちゃの中でもっとも味にコクがあり甘い。

e0108019_1849418.jpg

by atelier-cypres | 2010-10-13 18:34 | おうちごはん

カルシウム不足

どうも最近頭の中の情報が整理できなくて混線している。

きっとカルシウム不足だ。

牛乳はあまり飲まないので、カルシウム含有量の高いミネラルウォーターで摂取。

骨付ごと食べられる小魚、いわしが良いか。

・・という事で、いわし食い。

e0108019_182326.jpg

by atelier-cypres | 2010-10-05 18:02 | おうちごはん

お気に入り食材

外国暮らしをしながら、日本の食文化を継承しようとなると、というかその前に自分が食べようとすると・・不便・工夫・苦労・努力がつきもの。

日本にいたら、決して自分で作ることはなかったであろうものを自分の手で作るようになった。
イカの塩辛、日本そば、キムチ、シメ鯖、伊達巻、カステラ、肉まん、・・・書いてみるとまだまだ工夫が足りないのに気づく。知り合いには、味噌や納豆、和菓子まで自宅で作る人もいるのだし・・。次に挑戦したいのは、たくわん漬けけ、魚の日干し、かまぼこ。

どうしても出来ない、また手に入らない、であきらめているものもある。

ところで、友達から頂いたこちらが、とても重宝している。
乾燥糸こんにゃく。

e0108019_8482082.jpg


熱湯で5分で生コンの状態に。

うちではこれをジャガイモと人参、たまねぎに牛ミンチと合わせ(内容は肉じゃがとほとんど同じ)お醤油と砂糖などで甘辛くして煮たものが大人気。子供からのリクエストも多い。
by atelier-cypres | 2010-01-26 08:51 | おうちごはん

大晦日は 年越しそばで

フランスにいると、中々日本の風習を保つのは難しいのですが、大晦日の夜は年越しそばを食べないと落ち着かないので、毎年作って食べています。

この3年位、鴨南蛮そばをまねして作っていますが、鴨のフィレ肉から良いお出汁が取れます。

自宅に居る時は、年越しそば食べながら友達を招いたり、NHKの紅白歌合戦を観たりして年越しします。

e0108019_4225748.jpg


元旦は、日本風には過ごせないので早めに作った黒豆なども年末から食べてましたが・・・。
もう厳密には日本の風習は守っていません。

元旦の書初めは恒例です。後は自分の気分次第で、できる事だけやっています。

フランスは1日は比較的暖かく、2日から急に寒くなりました。
冬将軍舞戻りです。
by atelier-cypres | 2010-01-03 04:26 | おうちごはん
知り合いの方から紹介してもらったプロのパティシエMさんにお願いして、月に一度洋菓子の講習をお願いすることにしました。

第1回目の課題は、「いちごのショートケーキ」でした。

持ち運び用の大工道具入れには、製菓用のお道具が入っています。
プロならではの技やコツなどが色々出てくる、充実した講習でした。

これはセンサー式温度計で卵の温度を測っているところ。

e0108019_651362.jpg


スポンジ生地もこんなにふわふわ。バターは生地と馴染ませてから加えます。

e0108019_652487.jpg


できあがりは、ケーキ屋さんのケーキでした。

e0108019_6532862.jpg


フランスでは、いちごのショートケーキが売っていません。(フランス人には軽すぎて物足りないのです)
どうしても食べたかったら、自分で作るしかない!
これからは、教えてもらったように作れるはずです~!!

e0108019_655845.jpg

by atelier-cypres | 2009-12-03 06:55 | おうちごはん
寒くなってくるとグラタンなど熱々のまま食べる料理に出番が多くなってきます。

我が家でも、またおもてなしとしても人気の付け合せ定番料理といえばこれ。

グラタン・ドフィノワ

e0108019_744455.jpg



美味しく作るコツは:

ジャガイモを薄く均一に切って並べること。

e0108019_7473467.jpg


クリームと牛乳の割合(6クリーム対4牛乳位)とその量(じゃがいもがひたひたに漬かるくらい)。


にんにくとタイムで香り付けをすること。

e0108019_7484171.jpg


くらいです。

子供が必ずおかわりしてくれます。
by atelier-cypres | 2009-11-04 07:48 | おうちごはん

e0108019_691964.jpg


今年のスキー旅行で、滞在先のホテルの夕食に出た白身魚のフレークが我が家で大ヒットして、それ以来栄養の点で青味魚を待遇していた私が、白身の魚を大量に買うようになった。作るのが簡単で美味しいのです。

3人分を作るのに、以外と大量の白身が要ります。作り置きも出来るし、食欲が無い時でも手軽にたんぱく質が摂れます。好きな生ハーブを入れるとまた違った味わいが楽しめます。

材料:タラなどの白身魚450g、レモン汁 1個分、フレッシュクリーム 50g、オリーブオイル 大匙2杯、塩、湖沼、あさつき適宜

作り方:1.蒸気の出る、蒸し器に洗った白身を入れます。 2.全体に火が通ったら、少し冷まして置く。 3.人肌に冷めたら、ボールに白身を入れ小骨を手で丁寧に除く。 4. 手でしっかりほぐす。 5.その他の材料を一気に混ぜ、冷蔵庫で冷やす。

滞在したホテルでは、あさつきの代わりに、パクチーが入っていました。ほんとうは私もその方が好みです。
by atelier-cypres | 2009-06-08 06:17 | おうちごはん
今年は小粒のさくらんぼが大量に生りました。毎日つんでは食べ、つんでは食べしても追いつきません。
そのまま食べるのが一番おいしいのだけど、ブラックチェリーは果肉が充実していて糖度も高いので、クラフティー向きです。

e0108019_131781.jpg


冷やして食べるとなお美味しい。

e0108019_1315112.jpg


作り方はこちらです:

(材料)
ブラックチェリー 250g
卵 2個
薄力粉  63g
グラニュー糖  40g
牛乳   250g
生クリーム  150g
バター(型に塗る)

(作り方)
1.あらかじめ型にバターを薄く塗り、オーブンを180度の余熱で温めておく。
2.ボールに卵を入れ割りほぐし、薄力粉とグラニュー糖を入れ混ぜ合わせる。
3.なべに牛乳と生クリームを入れ、弱火にかける。(少し煮立ったらOK)
4. 3の牛乳と生クリームを2のボールに2.3回に分けて入れ混ぜ合わせる。
5.ブラックチェリーを型に敷き詰め、その上に4の生地を流し込む。
6.180度のオーブンで約35分焼く。
by atelier-cypres | 2009-06-03 01:37 | おうちごはん