人気ブログランキング |

南仏生活のいろいろ


by atelier-cypres
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ:日常より( 43 )

お茶 お稽古 

遅ればせながら如月(陰暦2月)のお稽古のこと。

e0108019_2010319.jpg


いつも我師匠が手作りの主菓子を用意してくれる。

今回は梅の花を模った練りきり菓子でした。

e0108019_19393960.jpg


中には黄身あん。

e0108019_2205510.jpg


お花はぼけの花。

e0108019_2221573.jpg

by atelier-cypres | 2011-03-31 22:02 | 日常より

夏の思い出

去年の写真を整理している。

夏の思い出。

義父が家庭菜園で作る野菜は2-3日置きに届けられる。

いんげんは、すぐ調理できるようにと筋を取っておいてくれる。

無農薬で土の香りがする野菜で夏を乗り切った。

e0108019_740404.jpg

by atelier-cypres | 2011-01-02 07:36 | 日常より

GALAXY S

使い始めてわずか3週間ほど。

フランス国内向けのSAMSUNGのGALAXY-S。

Android2.1搭載(日本向けのバーションは2.2となっている)。薄型軽量(64(W)×122(H)×9.9(D)mm/約118g)

e0108019_16455154.jpg


タッチパネルが有機EL(発光ダイオード)でコントラストが高く、反応・速度が良い。反応が良すぎるので、反応速度設定を最低に落とした程である。(この写真ではそのコントラストが出ていないが・・)ディスプレイも4.0インチと大きい!ので見易い。

普段からGoogle検索エンジン、 Gmail使いの私には馴染みがあってiphoneより使いやすいのでは・・と以前から狙っていた。

9月中に電話回線・高速ブロードバンド(ADSL)回線契約をしているSFRから既契約者へのプロモーションをやっていたので、即買いした。

但し、フランス向け携帯機種で日本語オプションのあるのはiphoneのみとの通説だったので、かなり迷った。

ところが、日本語オプションが備わっていなくても、日本語インプット機能を加える事ができるのを知り思い切った。

Android Marketで無料ダウンロートできるアプリ Simeji 。使い勝手も良いし、何の遜色ない。しかもこの日本語入力機能はSocial IMEに対応しているらしく日々賢くなっているIMEでもある。

e0108019_1648361.jpg


左下の“あA”をタッチするとアルファベット小文字→アルファベット大文字→日本語と入力切り替えが出来る。

文字選択欄の右端の→をタッチすると、次のように選択リストを表示できる。

e0108019_1651737.jpg


後は画面を切り替える事も必要なく下にスクロールするだけで全リストが閲覧できる。

サクサクと小気味良く動いてくれるので重宝する。

後は、通信システムの3Gがもっと広範囲に網羅されればより良い。実際今の自宅の場所では3G網にひっかからないので、ネット通信にはWifi回線を利用する事となる。速度が多少劣る。
by atelier-cypres | 2010-10-13 16:58 | 日常より

機内食

夏に日本帰省した際に利用したANA便エコノミークラスの機内食がニューリアルされていた。

噂には聞いていたが、丼ものが登場!

早速牛丼と味噌汁を頂くが、美味しい!付け合せのアスパラ&枝豆&しらす&メカブの和え物も大当たり!!

e0108019_18121797.jpg


しかも朝食はハンバーガーだった。パンが柔らかく、中のハンバーグも優しい味。

e0108019_18125474.jpg


子供はもう10歳なのに習慣でお子様メニューを予約していた為、こんなにかわいい内容がでて本人は不満・・。大人の食事の方が美味しく見えるそうだ。私が子供だったら喜ぶんだが・・。

e0108019_18132455.jpg

by atelier-cypres | 2010-10-05 18:15 | 日常より

復活祭のお昼

例年のごとく、復活祭のお昼には義親のところで昼食。

復活祭といえば、Chasse aux oeufs(シャッス・オ・ズー)。最近は卵を模ったチョコレートで済ませる事が多いが、庭などに隠された色とりどりの卵を子供が探して回る。

さすがに11歳にもなると卵を探して回らないが、チョコレートのプレゼントが楽しみの一つ。

e0108019_16281967.jpg


軽くアペリティフ(ポルト酒)とおつまみ。

e0108019_1629913.jpg


前菜は、義母がテレビの料理番組で見たというフロマージュ・ブランとスモークサーモン&とびこ。
普段フロマージュ・ブランをデザートに食べる11歳坊には不評。う・・・ん、フロマージュ・ブランそのままではちょっと重い感じ。レモン汁を加えて酸味をつけ軽くしたら大丈夫かも。一見デザートに見える・・。

e0108019_16315989.jpg


復活祭にはイエスにちなんで、羊。「イエスを羊に例えておきながら、羊を食べるっていうのはちょっと・・」と言う義母。

e0108019_16334093.jpg


義父の菜園で作ったサラダ。葉っぱはミネラル味濃厚。

e0108019_1635944.jpg


デザートのクレーム・マロンのアイス

e0108019_1636458.jpg

by atelier-cypres | 2010-05-06 16:37 | 日常より
パティシエのMさんの指導の下、今回は初挑戦となるシュークリームを作りました。

シュー生地は、オーブンの中でしっかり膨らんだ後、膨らみを固定する為にしっかり焼くことが萎まない秘訣とか。ところで、このシュー生地もフランスでは固めのものが好まれるとか。それに対して、日本では色々流行はあるにしてもやわらかい生地が人気です。

綺麗に膨らんだままの形で、出来上がりました!

e0108019_2484748.jpg


中に詰めるクリームはカスタードに1/2~同量の生クリームを混ぜたものを使うとやわらかくて、日本人好みになります。

また、カスタードクリームにグランマニエなどのリキュールで香り付けするとフランス人好みに。

今回は、中の詰め物も3種類試しました。

リキュールを入れると、クリームの生臭さも抑えられ断然美味しさアップです。

色んな形のシュークリームを作って、試食も一通り!

e0108019_2502159.jpg


e0108019_2495476.jpg


e0108019_2505269.jpg


e0108019_2513336.jpg


カズタードクリームを作る際に余る卵の白味で、フィナンシエを作りました。焦がしバターをたっぷり入れて、これも美味しい!

トップにアーモンドを砕いてのせたシュー生地が、カリカリしたの食感も同時に楽しめて特に気に入りました。

食感ってとても大事ですね。
by atelier-cypres | 2010-01-30 02:52 | 日常より

大好き蜂蜜!

プロヴァンス地方には、蜂蜜の種類も豊富で現地の生産者も多いので、新鮮なものが簡単に入手できます。

花の種類は、ラベンダー、タイム、ローズマリー、西洋菩提樹、山の花数種、プロヴァンスの花数種など。

私はラベンダーかタイムの蜂蜜が好きです。

ハーブティはもちろん、紅茶、コーヒー、カフェオレにも砂糖ではなく蜂蜜を入れるほうが好みです。

花の蜜から作られる蜂蜜の主な成分は、ブドウ糖と果糖ですが、オリゴ糖、多くのビタミン、ミネラル類を含みます。また殺菌、消炎作用も高いので、古くから治療や食べ物の保存にも用いられてきました。

働き蜂の生涯には驚くべきものがあります。詳細はまた今度・・。

ところで、例年冬が近づくと摂るものがコレ。

e0108019_9111793.jpg


( 乳白色で小瓶に5gほど入っています。要冷蔵。これで12ユーロでした。)

これはロイヤル・ゼリーです。女王蜂の食べ物として働き蜂から分泌される栄養価の高い半固形・半液体のもの、働き蜂は幼虫の時にこれを3日間のみ食用し、女王蜂はこれしか食用しません。良く知られるように、女王蜂は働き蜂の2倍の大きさで、その命も働き蜂の6ヶ月~1年に対して、3年~5年と長いとか。

ロイヤル・ゼリーはビタミン、ミネラルを多く含みます。その摂取量はたとえ微量でも、効用の高さで知られています。

10年以上前お友達に勧められて、冬の始まりに約2週間ほど、朝起がけ、空腹時に耳掻き大1さじほどのロイヤルゼリーを摂るようになりました。

ただ独特の味が苦手で必ず蜂蜜に混ぜて摂ります。時に吐き気がすることもある程ですが、今年は意外とすんなり食べれます。空腹時に摂ってから15分は食事をしないように、と薦められたので、まず口にいれてから朝食の準備をしていたら丁度良い位です。

だいたい摂り始めて、2日くらいすると肌がつるつる・ピカピカし始め、なんとなく夜の疲れが軽減されたようになり、冬中風邪やインフルエンザにかかり難くなります。

実はこの2-3年これを摂るのを忘れていたところ、11月には早速新型インフルエンザにも罹り、お肌の調子も悪いので、最近再び摂り始めました。さてその効果は?肌の調子が良い、ような・・。多分気のせいではありません。
by atelier-cypres | 2010-01-26 09:12 | 日常より

おもてなし

お茶をやっているお友達の所で、新年の茶会がありました。

いわゆる茶懐石をここ(フランス)でも再現しようという試み。この地で手に入るもので、工夫した懐石をすることに感嘆。

食事の形式は、一汁三菜。三菜を向こう付け(刺身)とし、煮物椀、焼き物とする形式(Wikipedia“懐石”より)普通の宴会と違い、お酒をのむのはメインではないので、最初にご飯、汁物、向こう付が出される。
e0108019_973744.jpg


一口ご飯を食べ、味噌汁をすすったところで、お酒を振舞われる。
その後に煮物。これは鶏肉のから揚げとサツマイモの素揚げを甘辛く絡めたもの。
e0108019_981968.jpg

鴨の煮物。
e0108019_985435.jpg

そして八寸:
八寸(はっすん)……約20cm角の正方形の盆のことで、魚介類のなまぐさものと野菜を盛り合わせたり、山海の珍味を数種取り合わせたもので、小吸物の蓋などに取っていただくもの。
e0108019_941623.jpg


今回は、海と山の珍味として、亭主である友人がマルセイユのボレリー公園から銀杏の実を採ってきて、果肉を洗い、乾燥させて取り出したという、銀杏(これはフランス人のご主人には不評だったそう。苦味のある味もさながら、実を取り出すまでの異臭が強烈過ぎ)。そこまでして頂いたことに感謝!感謝!!
そしてからすみ。
どちらも美味でした。

食事の後に、主菓子を頂き、お濃茶、そしてお干菓子、薄茶を頂いたのでした。

優雅で素敵な一日でした・・。
by atelier-cypres | 2010-01-20 09:10 | 日常より

初釜

今年に入って初めてのお茶のお稽古がありました。

e0108019_7184443.jpg


例年のように、初釜では先生の手作りの花びら餅が出されます。
花びら餅とは、京都でお正月にだけいただく伝統の御菓子の一つです。

白とピンクの求肥の中には、白味噌餡と甘くコンフィにしたごぼうが入っています。

e0108019_7171627.jpg


e0108019_7181136.jpg


ごぼうは日本から取り寄せたものだという事。香りが高く美味しい味のアクセントになっています。
このごぼうは、鮎に見立てたものだそうです。

e0108019_7191484.jpg

e0108019_7193927.jpg

by atelier-cypres | 2010-01-18 07:19 | 日常より

12月25日 ノエルの昼食

毎年恒例で、12月25日のノエルの日の昼食は義親の所で食事です。

今年はずっと風邪で寝こんでいてあっという間にこの時期になってしまったので、気分が盛り上がらないまま。

いつもは着物を着るのだが、今年はパス。着物の着付けは簡単でも、問題は髪のアップ。少し試みたがまとまらなかった。・・というか、まとまるのだが、和装用のスタイルにならないのが問題。夜会巻では芸がないし・・。けたぼを入れようとしても・・・髪の毛がバクハツしてまとまってくれない。

着物はまた別の機会に着ることにしよう。

今年は銀色で統一されたテーブルセッティングで。どうも最近・・おかしい事がある。フォークとナイフの場所が反対だったり・・・。

e0108019_235033.jpg


アミューズ・ブッシュ つまり 食前酒のおつまみ。

e0108019_23114948.jpg


お決まりのフォアグラ。うちの10歳坊の大好物。

e0108019_236314.jpg


ホタテとエビのパイ詰め。

e0108019_2365553.jpg


ポロポロ鳥と栗のグリル。

e0108019_23757100.jpg


デザートのマカロン、カヌレ、アイスのビュッシュ・ドゥ・ノエル(パン・デ・ゼピス(スパイス入のお菓子)&蜂蜜味で美味しかった!)

e0108019_23131138.jpg


食後は義父・母達とノエルのプレゼントのボードゲームで一時を過ごす。

e0108019_2314349.jpg

by atelier-cypres | 2010-01-08 23:15 | 日常より