人気ブログランキング |

南仏生活のいろいろ


by atelier-cypres
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

漁師さんの犬

マルセイユの旧港のベルギー人埠頭には毎朝、魚市が立つことで知られています。

漁師さんが忙しそうに釣った魚を売りさばいている、その後ろでは飼い犬が潮風に涼んで気持ち良さそうにしていました。

e0108019_6424785.jpg


時々、「落ちるんじゃないよ!」と注意されていました。
by atelier-cypres | 2007-09-24 06:43 | フランスの風景・文化
2006年の10月に、エクス・アン・プロヴァンス市や大学でお呼びして、開かれた「大江健三郎展」の初日の講演会の後、氏の最新の出版の装丁に使われた作品の作者である、彫刻家の船越桂氏も一緒に来仏。船越氏の作品の展示もあった。

これは、船越氏の作品を見る大江氏。
e0108019_16153378.jpg


この後、私はフランス人の友達と船越氏のエスキースについて話していると、フランス語の分かる大江氏が側に寄ってきて、「船越さんは自分の好きな顔ってあるんだよねえ」と会話に加わってきました。確かに。
テレビで拝見するとおり、いやそれ以上に、とてもチャーミングな人でした。
by atelier-cypres | 2007-09-21 16:16 | フランスの風景・文化

数種類のオリーブ

フランス国内第一のオリーブオイルの産地であるプロヴァンス。

オリーブと一口に言っても、全世界には66種類以上のオリーブがあるとか。

そのうち、この地方では15、6種類のものが栽培され、オイルを作るにあたってはワインのようにブレンドして作られているのだ。

これは、見た目も違うオリーブを忠実に型取ったアーモンド入りチョコレート。
オリーブが好きだと、このチョコも貴重に感じてしまい、2重に美味しい。

e0108019_17491368.jpg

by atelier-cypres | 2007-09-18 17:49 | 日常より

完成品 2点

最近は手が遠のいている。クロスステッチ。

これらは既に完成して、家に飾っているものです。

e0108019_17373582.jpg

フランスの苗字のMを飾ったもの。

e0108019_1738369.jpg

スタンダードなABCdaireというアルファベットがモチーフだが、パンジーの花やカタツムリなども加わっている。
by atelier-cypres | 2007-09-18 17:39 | 趣味と実益

じゃじゃ麺

NHKの連続テレビ小説「どんど晴れ」の中で出てくる「イーハトーブ」という喫茶店、主人公夏美の下宿先でもある、ここの一品、じゃじゃ麺。

これを夏美は好きで良く食べるのだが、NHKスタジオパーク内の食堂で再現されたものがメニューにあった。

e0108019_17255342.jpg


きしめんのような平たい茹麺の上に、肉噌味と他の薬味(胡瓜など)があり、ポイントは紅しょうが。全体を良く混ぜて食べる。やみつきになるなあ~これは。

食べ終わった後、盛岡では卵を割りいれ、肉味噌を加え、そこに熱いうどんのおつゆをかけて食べるのをも楽しむのだそうだ。
by atelier-cypres | 2007-09-18 17:30 | 日本の風景など
ここは、マルセイユに隣接する小さな港町のカシス Cassis 。人によっては最後のSを発音せずにカシと呼ぶこともある。

小さな町なので夏の観光シーズンには町の人口より観光客の方が多くなるのだ。
e0108019_17484949.jpg


見所は、町の中心の港から出ているカランク(海岸線に続く絶壁の入り江)巡り。
e0108019_17492269.jpg


港あたりの海はとても穏やかでも、一旦沖合いに出て行くと、風が次第に強くなり船が揺れる。船の前面に座った人達がもっともスリルのあるクルーズとなり、中には全身びしょぬれになる人もいる。
e0108019_1750411.jpg


カランクは陸地からのアクセスも可能で、ところどころに海水浴をしている人もいる。
e0108019_1751048.jpg


水は清んでエメラルドグリーン。周辺の白い岩とのコントラストが美しい。
e0108019_17514526.jpg

by atelier-cypres | 2007-09-16 17:52 | フランスの風景・文化

南仏の光の下で Vol.2

ここはプロヴァンス地方の中で特有の土地柄だ。

砂や粘土を含む赤土の町、ルシヨン Rousillon。

e0108019_17342149.jpg


壁の塗料にも使われていたこの黄土は、無毒なので化粧品にも使用されるとか。

町中の民家の窓にはとても表情がある。

e0108019_17351019.jpg

e0108019_17352991.jpg

e0108019_17354687.jpg

e0108019_17363076.jpg

by atelier-cypres | 2007-09-13 17:36 | フランスの風景・文化

南仏の光の下で

南仏のリュベロン地方にあるゴルド村。村の外観が景勝地として知られているが、実際に村の中に入ると小さな広場と2、3の小さな道があるのみ(と言ったら村の人は怒るかな?)。

昼食を軽く済ませたいが、なかなか良いレストランが見つからない・・と思っていた矢先。

本日の定食:豚のスペアリブカラメル風 とあり。

これは当たりだった! 五香がかるくまぶしてあるらしく、甘味さえある味付けの豚のスペアリブは、美味しかった。付け合せのマッシュポテトは、バターの代わりにオリーブオイルで練ってあり、かすかな酸味がして良い組み合わせだ。

また来たい。

e0108019_20484316.jpg

by atelier-cypres | 2007-09-11 20:48 | フランスの食