人気ブログランキング |

南仏生活のいろいろ


by atelier-cypres
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

1981年から始まった南仏のロック・ダンテロン(Roques d'Antheron)の国際ピアノ・フェスティバルに今年登場した、82歳のチッコリーニは素晴らしかった!!

高齢の姿がピアノの前に現れたときは、内心心配したのだが、一旦鍵盤に触れるとその指先は繊細なピアニッシモから超高速のフォルテまで音域、音感の幅にそのキャリアが伺われ、全く衰えなどないような感じである。

ショパンのノクターン、マズルカ・・・そして、ムソルグスキーの展覧会の絵・・と1時間半のプログラムを終えた後、盛大なアンコールの拍手に応えて演奏されたのが、アルガーの愛の挨拶であった。なんとも優しいその曲に涙が流れる。

その後も、お得意のサティ、ドビッシー・・・・をお披露目。

さらに演奏を求める観客に、巨匠は自らの腕時計を指差して、「もうこんな時間!遅いよ~!」との分かりやすいジェスチャーを示し、「ならば最後の1曲」という前置きでの最後の演奏。チャーミングな一面を見れた瞬間でした。

この年齢になっても演奏活動を続けられるのは大変恵まれた人である。またこれほどの技術を未だに持っているし、2時間もの演奏が高レベルで可能なのだから、歳に関係なく多くの聴衆を喜ばせるべく演奏し続けて欲しいと思う。

e0108019_23182939.jpg

舞台はフェスティバルの本会場で、野外ホールとなっている。この写真では見えないが、舞台の上層部には反響版がいくつも配置されており、音響は良かった。

演奏は素晴らしく、さらにピアノの音色が最高でした。
ピアノはBechstein(ベヒシュタイン)のこのタイプ。
見た目の美しいこと!

e0108019_23174564.jpg


チッコリーニはイタリア人。さずが伊達男で、右手の左指と左手の人差し指にはダイヤの沢山並んだピカピカの指輪が光っていました。

こちらは若かりし頃のチッコリーニ。今回もこの曲が演奏されました。
ショパンのノクターン Opus.62 N°1


by atelier-cypres | 2008-09-16 23:20 | フランスの風景・文化
リヨン市は美食で知られるところ。

有名フレンチシェフにポール・ボキューズがいる。

リヨン市内にはボキューズ経営のレストランが幾つかあり、新しいコンセプトで作られたテーマごとのブラッスリー(レストランより気軽に入れる一杯飲み屋的なところ、本来は)へ行って見た。

Le Nord(北)、L'Est(東)、L'Ouest(西)、Le Sud(南)とあるうちの、Le Sud(南)へ。

南をテーマにした品揃えで、南仏に限らず、地中海沿岸地方の料理が出されていた。スペイン、イタリア、モロッコ・・・等々。

私は南仏に住んでいるので、幾つかのメニューはおなじみのもの。でもあえて比較したいが為にマルセイユ名物のブイヤベース風スープにしてみた。

e0108019_5164660.jpg


これが大変美味しくて、地元で食べる美味しいレストランのブイヤベース並の美味しさに加えて、隠し味の甘味がオリジナル。堪能しました。

メインは、イタリア料理のロッソ・ブッコ 骨付き牛肉の赤いソース煮込みリゾット添え。

e0108019_5191861.jpg


定番らしくベースは保ちながらも、とても食べ易く、味が繊細。

ボリュームがあったにも関わらず、最後まで美味しく頂きました。

お値段の方も、お手ごろです。

厨房の様子もさすがボキューズ。テキパキとした動きと職人魂のようなものが感じられる現場と察しました。


 
by atelier-cypres | 2008-09-14 05:21 | フランスの食