人気ブログランキング |

南仏生活のいろいろ


by atelier-cypres
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

愛がなくちゃね

高校生の頃。
この歌詞に聴き入っていた・・・。
この中にあるように、皆と同じになることへ抵抗していたのだろう。
和レトロ調のアルバムのジャケッ写真がとても好きだったな。
実際その頃はレトロな服と小物とインテリアに夢中で。古着を漁っては全身を古着にまとう程の古着好き。
父が20代のとき着ていたステンカラーコートを纏い、母が20代の時に着ていたブラウスやバッグを身につけたり…
ヘアースタイルはアンティックドール風に、と注文していた(今となっては赤面)。
ところで、今は古着は絶対に着られない(この変わり様)。

「愛がなくちゃね」
作詞:矢野顕子、ピーター・バラカン(英語詞)
作曲:矢野顕子
編曲:矢野顕子、坂本龍一


どんな事から始まるのかしら

愛だの恋だの そんなようなもの

みんな夢中 そればかり

恋人がいなけりゃ 仲間はずれ

皆んな毎日同じこと話す

同じ服着て 同じテレビ見て

優しそうな男の子 甘いささやき

うらやましくないわけじゃ ないけれど

目の前 ご馳走並ぶ ここらが我慢のしどころ

やっぱり愛がなくちゃね


by atelier-cypres | 2010-11-08 09:35 | 琴線に触れる言葉

悲しくてやりきれない

高校生の頃。アッコちゃんこと矢野顕子さんのアルバム「愛がなくちゃね」を毎日聞いていた・・・。
その中の「悲しくてやりきれない」は特に好きで何度もなんども聴いた。
原曲はザ・フォーク・クルセダーズで、作詞:サトウハチロー 作曲:加藤和彦
でもオリジナルと違うリズムとアレンジそしてテンポが当時の気分にぴったりだった、いや自ら当てはめようとしていたのかも。

ダークグリーンのグラデーションストライブのカーテン、ローズウッドの深茶の壁、焦げ茶の絨毯、スポットライトとピアノ・・・・・あの頃の自分の部屋を思い出す・・この曲。


(なぜか動画の貼り付けが出来ません)

by atelier-cypres | 2010-11-08 09:17 | 琴線に触れる言葉
再びシャキーン話題。

朝の子供番組なのに、ぐっとくるメロディがある。

なんだかとてもシック。

「知るや君」


by atelier-cypres | 2010-11-08 09:01 | 日本の風景など

NHKシャキーン 朝7時

この夏1ヶ月半の日本滞在のうち、3週間子どもが小学校に体験入学した。

広島市内の妹家族の所で一緒に生活した。

うちの10歳坊には1つ年下のいとこがいる。

そのいとこ(私の姪)が学校へ登校する前に毎朝みてる番組がNHK「シャキーン」。

妹が「ほら起きなさい!シャキーンが始まるよ!!」と言うのを初めて聞いたとき「シャキーン」がデレビ番組の事だと分からなかった。

番組のタイトル以上にシュールな内容にびっくり。最近の日本人小学生は朝からこんなもの見ているのか・・。

中でも一度見ると忘れられない程のインパクトがあるのが「るるるの歌」。
こちらにリンクするものよりもっとすごいパターンのものもあるのだ。



もし気に入ったらこちらも「るるるの歌」(未来編)



 
by atelier-cypres | 2010-11-08 07:42 | 日本の風景など