人気ブログランキング |

南仏生活のいろいろ


by atelier-cypres
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

お茶 お稽古 

遅ればせながら如月(陰暦2月)のお稽古のこと。

e0108019_2010319.jpg


いつも我師匠が手作りの主菓子を用意してくれる。

今回は梅の花を模った練りきり菓子でした。

e0108019_19393960.jpg


中には黄身あん。

e0108019_2205510.jpg


お花はぼけの花。

e0108019_2221573.jpg

by atelier-cypres | 2011-03-31 22:02 | 日常より
e0108019_1483027.jpg



浮雲さんの言葉~シンプルな事を真っ当に言っているところがこの方らしいきがする。


人それぞれのバランスがあって
その感覚がちょいと独特なのが音楽を選んだりするんだろうけれど
その個々の独特っぷりが音に出る
自分も出ちゃってるんだろうし出ていないと意味無いんだけど

楽器で言えば弾き方や機材に人が出る


モノの善し悪しを数値化すると解りやすくて親切
けど善し悪しって本来は個人がどう判断するかだけでしかない


情報に頼らず自分自身で善し悪しを判断するのは
はっきりとした芯が無いと出来ない
なかなか難しい
けどそこが一番大切な気がする

by atelier-cypres | 2011-03-22 01:50 | 琴線に触れる言葉
e0108019_1411296.jpg



ギタリストの浮雲こと長岡亮介さんがこのように書いていました。
この方の朴訥というか男っぽさというか私にないものというかメカ好きさというかクールさというか・・・この方の私には分からないかもしれない世界に惹かれるのであります。

以下浮雲さんのお言葉~


包丁を研いだことあります?
シャープナーみたいなああいうテンポラリーな
ものでなしにきちんと砥石で
親指で刃先の感触を確かめながら
研いだことあります?

わたくしは研いだことありません
良いなあ俺も研げるようになりたいなあと思った
研ぎの世界っていうのは深淵でしょうから
突き詰めれば色々ありましょうが
何が良いと思ったかって
毎日使う道具を自分できちんと手入れして
その効果を肌で感じながら愛用しているという
モノとの距離感

自分で研ぐことによって切れ味を取り戻した包丁で色々やる
とても真っ当な気がする
使いながらそのモノとの距離を縮めて行く感じ


浮雲さんでした。

さて、

私はモノとの距離を縮めるような人生送ってるか?

日曜にある会のお誘いで、16年住んでいるこの街、エクスの古い(17世紀)の噴水のスケッチをした。
いつもお客さんに説明して一緒に見ている噴水。
スケッチする為にココに来て初めてじっくり向き合った。
それで、色々発見!!
16年人に説明していた時よりも、30分~1時間自分が描く為にじっくり見た方が見えた!当然といえば当然だ。自分が個人的に関わろうと覚悟を決めていないと見えないものがある。
by atelier-cypres | 2011-03-22 01:41 | 琴線に触れる言葉